EG-650

EG-650

2017年6月21日水曜日

もしも勇気があったなら

LIVEで成毛モデルを使うjimmy

気のせいでしょうか? ホウロウボディーがネット場で品薄? 40数年前のギターですから状態の良いものは、数も減っては、いるはずですよね。みんながこのギターの良さに気がつけば「あっ」という間に・・・・・・そんな感じですかね。
スーパーリアルより楽しいはずですよね。



2017年6月16日金曜日

成毛滋モデル完成ですね。U-1000を使いたかったが・・・・・

セミオープンのカバーがいけないのかぁ? 大音量じゃなきゃ使える、でもロックなギター時ないよなぁ。ロウ漬けの選択肢もあるが。jimmyは、PU交換を選ぶことにしました。
使えなきゃギターとしての価値がね。グレコのPAFは、グリーンのyamatoコンデンサーと相性が今ひとつ。定番オレンジドロップにしてみました。PAFなのでオイルコンの方がいいのかなぁ・・・。
フロントがゼブラの方が良かったがシールドが短い。このPUは、楽器屋さんがオーダーしたグレコに搭載されていた限定モデルのレスポールについていたものです。20年くらい前かなぁ?そのグレコ・レスポールでもいい音出せなかったなぁ。フェンタージャパンを作っているところに発注したとか確か言ってたグレコだったと記憶しています。
それをこの650に載せ替えていい音がでるのか、出ましたね。
 U-1000は、ステージでハウってしまったのでグレコのPAFに交換しました。
相性は、最高、当然ですよね。

2017年6月14日水曜日

PU コンデンサーの交換・・・残念ですが

 オリジナルにこだわりたかったがステージでのハウリングが有ったのでアンプのセッティングに支障が出てしまった。U-1000は、セミオープンしかもポッティング無しなので
その性だと思います。搭載したPUは、グレコのPAFなので問題ないですね。
EG-500にも同タイプの改造をしましたが音色が違う、面白いですね。


早速ステージで使って来ました・・・・・・

 PUのポッティングがされてないのでそれが気になったかなぁ。